AI自動化ソリューション

物流現場では、年々物流量の増加に伴いオーダー情報の内容が複雑化しています。
データ処理業務は、自社システムに加え、
複数の取引先のシステムが存在していることがほとんど。
物流現場ではこれを人海戦術で対応しているのが現状ではないでしょうか。
当社の物流自動化ソリューションは最先端のAI OCR と RPA 技術を活用し、同業者の視点から貴社に最適な「業務自動化ソリューション」を提供いたします。

こんな課題抱えていませんか?

  • 取引先システムと自社システムへ2重入力をしている
  • 自社システムの入力とは別に、 EXCEL に入力している作業が多い
  • ベテラン社員に単純作業が集中し、生産性が上がらない
  • 取引先からのオーダー情報が書式がまちまちなので人海戦術で対応している
  • RPAを導入したいが既存システムとの連携イメージが涌かない

業務自動化ソリューションの特徴

紙書類のデータ化によるエントリ業務の自動化 (AI OCR)

最新のAI技術を活用し、(AI OCR AIRead )が紙書類をデータ化し、エントリ業務の自動化を強力にサポート。データの入力ミスや工数を削減します。
・手書き文字、活字を高精度で読み取ります。
・読み取り位置が変わっても非定形帳票機能で読みたい文字を抽出します。
・手書き文字の学習機能で、だんだんと読み取り精度
が上がります。

単純操作業務の自動化(RPA ツール)

RPA(Robotic Process Automation)のずば抜けた処理能力を活用することで、業務の生産性を大幅にアップさせることができます。
今まで人間が手作業で行っていたパソコンへの入力・集計等の単純作業をRPAが代替え。 人間 は本来の 仕事に専念することができ ます。
当社では、貴社の業務にわせて 、最適なRPAの構築支援を行います。

データの一元化/各業務アクションの自動化 (超高速開発ツール)

(1)業務にあった使いやすい画面を超高速開発ツールで開発
生産性を上げるためには、知識やノウハウに依存しないシステムが必要となります。
利用者が使いやすいと思う画面を「 AIRead Screen Designer 」 で素早く作成することができます。

(2)データの加工、他システムとの連携をETLツールで開発
それぞれの業務に合わせて最適なデータ加工や他システムとの連携処理が行えます。
入力原稿の質によりOCRの読取精度は限界があります。本ソリューションは誤読を前提にした「揺らぎ補正・名寄せ」等のデータ加工を「 AIRead ETL Option 」が対応します。

導入事例を見る

PAGE TOP